卒業生の活動

聞き書き甲子園の特徴

3つの要素

 「聞き書き甲子園」は3つの要素が組み合わさった取り組みです。

 アーカイブ(記録収集)・・・
 自然とともに生きてきた「森の名手・名人」「海・川の名人」の知恵や技、生き方を記録・収集し、次代につなぎます。

 コミュニケーション・・・
 「聞く」ことを通して深まる、異なる世代をつなぐコミュニケーションを醸成します。

 ネットワーク・・・
 毎年参加する全国の高校生と名人たち、この活動を支えるOB・OGや行政、企業、市民とのネットワークを構築します。

   過去に参加した高校生は、すでに1,400人を超えました。「森で活動したい」「名人に、また会いたい」「もっと仲間を増やしたい」……そんな思いをもつ大学生や社会人となった卒業生たちを中心とするプロジェクトが全国で行われています。
 →卒業生たちの活動は「卒業生の活動」のページで詳しく紹介しています。